◆ 「リード机上講習」の例会が開催されました  2016.9.27(火)
9月27日神田iciClubにて、例会「リード机上講習」が開催され、27名の方が
参加されました。例会では講師より、リード技術の必要性:例えば山行中、
危険な箇所に遭遇した場合、パーティ全員を安全に通過させるために、
フィックスロープ等を張る必要があるとの説明から始まりました。
リードはそのための技術の一つで、一人では出来ません。トップとトップを
確保するビレィヤー二人の共同作業で成り立ち、そこにリードの技術が
必要になります。プロジェクターを使いながらフィックスロープの張り方や、
カラビナ、スリング等道具の説明に加え実演を交えて、確保支点、ビレィヤーの
立ち位置、\中間支点、最終支点の取り方の説明が有り参加者の理解が
深まったと思います。
10月16日(日)日和田山のゲレンデ訓練は、樹林帯でのフィックスロープの
張り方の訓練になり、岩場では行いません。
                            教育部長 小林 正美