「行ってきました」
  西上州・笠丸山と諏訪山   A 級
 ・山行日  平成29年5月14日~15日 (土~日)
 ・リーダー 佐野久志
 ・参加者 7 名
 ・コース  1日目  下仁田駅=新高畑橋~地蔵峠~稜線のコル~笠丸山西峰~東峰
              ~住居附登山口=上野村不二野屋
2日目  不二野屋=楢原登山口~大江権現堂~八海山提頭羅神王堂
             ~湯の沢の頭~避難小屋跡~三笠山~諏訪山~湯の沢の頭
             ~湯の沢~浜平登山口=下仁田駅
 ・歩行時間 1日目 3 時間   2日目  8 時間
 ・コメント 日程を一日遅らせてなんとか計画を遂行できた。
1日目 御荷鉾スーパー林道経由で新高畑橋に着いた(住所附集落下の
崩落した橋の代わりとなるトンネルが先ごろ貫通したそうな)新緑の緑と
名残りおしいツツジが目にも心にも優しかった。神流川を挟んで見えるはずの
諏訪山の姿は雲の中だった。東峰の社から下ったところで
リード・ロープフィックスの練習をした。時間通りに宿からのお迎えが来ていた。
夜は宿の親父の独演会。
二人前の熊・鹿を食べたから明日は力が出るだろう。
2日目 ハッキリしない天気予報が気にかかる。楢原登山口からのコースは
天台宗の修験道場で、途中にいくつもお堂がある。湯の沢の頭手前の
三笠山遙拝所は小さいが立派だ。三笠山前後の悪場も古いが太いロープと
はしごに助けられて難なく通過した。途中ではガスに巻かれて高ぶらない
気持ちを、三つ葉ツツジ、日影ツツジ、アカヤシオがわずかに咲き、
応援してくれた。諏訪山山頂ではガスが薄くなり淡い陽射しを感じた。
湯の沢の頭から西へ急下降、湯の沢沿いの単調な道を浜平に下山した。
 ・投稿者 佐野久志 (諏訪山をクリックすると拡大写真が見られます)