「行ってきました」
  伯耆大山(ほうきだいせん)と蒜山 (ひるぜん)     B 級
 ・山行日  平成29年6月7日~9日 (水~金)
 ・リーダー 松井俊征
 ・参加者 13 名
 ・コース  1日目  米子空港=足立美術館=ホテル(泊)
2日目  ホテル=蒜山登山口―上蒜山―中蒜山―分岐―塩釜=ホテル(泊)
3日目  ホテルー大山登山口ー(夏山登山道)―六合目避難小屋
            ―大山頂上避難小屋―石室―ホテル=米子空港
 ・歩行時間 1日目 0時間  2日目 6時間00分  3日目 7時間00分  (休憩時間含む)
 ・コメント 1日目 足立美術館は庭園が世界的に有名なことであるが、
実際に見て納得する。絵画では横山大観の絵に圧倒される。
2日目 登山口へ歩を進めるなか、高原の牧場に放し飼いにされている
ジャージー牛とふれあい、上蒜山の三角点を目指す。途中一時的に
雨も降ってきた。分岐より北西の方角に、ほんの少し行ったところに
三角点はあるはず。背丈ほどあるブッシュをかき分け進むが三角点らしきものは
見当たらなかった。思ったより時間がかかったので下蒜山はカットし中蒜山から
塩釜に下山した。
3日目 絶好の登山日和となった。登山口よりすぐ階段が続く。行けどもいけども
階段の連続。プラスに考えれば足腰が鍛えられるとても良いチャンス。
登山道はウツギの花が左右に咲き乱れ、足下には高山に咲く花々が
それぞれ存在を競っている。彩雲も現れる。空と足下の花々を見ているうちに
頂上へ到着。下山は特別天然記念物のダイセンキャラボク純林や珍しい
花々をめで、楽しんでいるうちに大山寺に到着。目的のホテルはすぐそこだ。
とても楽しい山行であった。
 ・投稿者 梅澤秀夫 (山頂での集合写真、2枚はクリックすると拡大写真が見られます)