「行ってきました」
  戸隠山~高妻山~乙妻山 (個人山行)   A 級
 ・山行日  2017.9.29~30 (金~土)
 ・リーダー 鈴木武夫
 ・参加者 4 名
 ・コース  1日目  長野駅=奥社バス停―隋心門―戸隠神社奥社―蟻の塔渡り
―八方睨―戸隠山―一不動避難小屋(泊)
2日目  小屋発―五地蔵山―高妻山―乙妻山(往路戻る)
―六弥勒―戸隠牧場―キャンプ場バス停=長野駅
 ・歩行時間 1日目 4時間15分  2日目 10時間30分  (休憩含む)
 ・コメント 戸隠山の百閒長屋から先は岩場・鎖場の連続で胸突岩を登ると
蟻の塔渡りになる。両側が断崖絶壁のナイフリッジ、フィックスロープを
張り慎重に渡るが緊張のためか口の中が乾く。
2日目はピーク毎にある石祠を確認しながら高妻山、乙妻山を目指す。
高妻山直下の急坂はきつく、途中の六弥勒でシュラフ等をデポしたことを喜ぶ。
山頂は遮るものがなく北アルプス、雨飾山、火打山、妙高山など大展望、
この先の乙妻山には十三仏最後の虚空蔵が祀られているが、
ここまで来る人は少ないようだ。振返り見る高妻山は大きな山容を表し、
ここも360度の展望が広がる。往路を戻り弥勒尾根を降りた。このコースは
6月の会山行として企画されたが雨で中止、その後の計画も中止となり
3度目の正直で今回やっと実施となった。
両日とも快晴、紅葉も綺麗で期待以上だった。
 ・投稿者 横幕千栄子 (集合写真をクリックすると拡大写真が見られます) 
 ・写真撮影者  鈴木武夫