クライミングを大別すると


ボルダリング

 高さ4m程度までの壁を、ロープやハーネスを使用せずに上るもので、ムーブを習得するには

 適している。 最近ではゲーム感覚やフィットネスとして始めるひともいる。

トップロープクライミング

  上からロープで確保されている(ビレーヤーがいる)ので、リードでの墜落の危険がなくなるので、

  必要なムーブ技術の習得に専念でき、クライミングの基礎を学ぶのに適している。

リードクライミング

  トップロープクライミングで基本的な技術を身に付けてた後に取り組む登り方で、

 下からビレーヤーの確保を受け、クライミングロープを引きながら予めセットされている

 ヌンチャクにロープをかけながら(クリップ)ゴール(終了点)を目指す

 墜落したら自分の位置から最後のヌンチャク(プロテクション)の距離の倍落ちる

 ことを認識しておくこと、また岩場やゲレンデでのリードとの差も理解しておこう。


     
 ボルダリング トップロープクライミング リードクライミング