●三頭山(1531m) 東京都

お勧めポイント

都内で唯一のブナの原生林が残る三頭山周辺は、都民の森として整備され、気軽に楽しめるハイキングコースとなっている。新緑が美しい春~初夏、みごとな紅葉が楽しめる10月中旬~11月上旬が登山適期である。 

登山ルート

アクセス 電車・バス:行き:JR五日市線五日市駅 五日市駅バス停=西東京バス(1時間8分)=都民の森市口 帰り:往路に戻る

マイカー: 中央自動車道宇野原ICより国道20号~33号~檜原街道~奥多摩周遊道路を経由して都民の森まで、約25㎞。都民の森に無料駐車場あり。

参考コース・タイム:奥多摩駅=都民の森(0:20)-鞘口峠(1:20)ー三頭山(0:10)ームシカリ峠
          (0:40)ー三頭大滝(0:20)ー都民の森バス停=奥多摩駅
歩行時間:2時間50分

地図

国土地理院 2.5万分の1 奥多摩湖、 昭文社(山と高原地図) 奥多摩

 

    

 

●本仁田山(ホニタヤマ)(1225m 東京都)

お勧めポイント

川苔山に連なる稜線の前衛に聳えるのが本仁田山(ホニタヤマ)である。鷹ノ巣山の稲村岩尾根、六ツ石山の棒ノ木尾根とならんで奥多摩三大急登のひとつに数えられる大休場尾根の登行があるが、危険な箇所が少ないのでビギナーでも安心して登れ、駅から歩ける手軽さもそなえている。 

登山ルート

アクセス:電車バス:行き JR青梅線 奥多摩駅 帰り:JR青梅線 鷹ノ巣駅
マイカー:安寺沢集落と奥多摩駅周辺には駐車場がないので、鳩ノ巣駅下の無料駐車場を利用し、電車で奥多摩駅へ。鳩ノ巣駅へは圏央道日の出ICもしくはあきる野ICから、または中央自動車道八王子ICから国道411号経由で約23~26㎞。  

参考コース・タイム:奥多摩駅(0:45)ー安寺沢集落(1:45)ー本仁田山(1125m)(0:20)-瘤高山
          (コブタカヤマ)(0:55)-大根ノ山の神(0:30)ー鷹ノ巣駅

歩行時間:4時間15分

地図

国土地理院 2.5万分の1 奥多摩湖、 昭文社(山と高原地図) 奥多摩

 

 

●笹尾根・槇寄山(マキヨセヤマ)(1188m 東京都)

お勧めポイント

東京都と山梨県の境を成す三頭山から、高尾山までの長大な山稜を笹尾根と呼ぶ。この尾根を越える何本もの峠道は、古くから甲州と武州の異なる生活圏を結んできた。ベストシーズンは、秋から初冬、早春ごろ。

登山ルート

アクセス:電車・バス:行き:JR五日市線五日市駅 西東京バス(43分)=笛吹入口 帰り:仲の平 西東京バス(51分)=JR五日市線五日市駅
マイカー:入下山口周辺に駐車場はない。武蔵五日市駅近くのコインパーク(146台収容)に駐車し、入下山にはバスを利用するしかない。ただし土二曜日・祝日は満車になってしまうことも。

参考コース・タイム:五日市駅=笛吹入口バス停(1:30)―小棡峠(コユズリトウゲ)(0:40)-笛吹峠               (ウズヒキトウゲ)(0:50)ー数馬峠(0:50)ー西原峠(0:05)-槇寄山(0:05)ー西原峠            (1:00)ー仲の平バス停=五日市駅

歩行時間:5時間

地図

国土地理院 2.5万分の1 猪丸、 昭文社(山と高原地図) 奥多摩